令和2年度 要援護世帯援護金を配分します

令和2年度歳末たすけあい募金の中から,生活困難のために支援を要する世帯に対してあたたかいお正月を迎えていただくため,援護金を配分します。希望される方は案内をご確認の上,申請してください。

 

※受給申請案内詳細,記入例,申請書(様式第1号)はこちら

 

≪ 配分対象となる世帯 ≫

次の(1)(2)(3)を満たしていることが必要です。

(1)令和2年10月1日現在で小美玉市内に6か月以上居住し住民基本台帳に登録していること。

(2)世帯全員の市民税が非課税であること。

(3)次の世帯条件(ア~カ)のいずれかに該当する世帯であること。

ア.要介護4以上の認定を受けている方のいる世帯

(提出書類:①,②,必要に応じて④)

イ.要保護世帯

(提出書類:①,必要に応じて④)

*民生委員の確認要

ウ.準要保護の認定を受けている世帯

(提出書類:①,必要に応じて④)

*民生委員の確認要

エ.障がい者のいる世帯

1.身体障害者手帳1級(聴覚障がいは2級)

2.療育手帳ⒶまたはA

3.精神障害者保健福祉手帳1級

(提出書類:①,③,必要に応じて④)

オ.母子・父子世帯

18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童を扶養している母子・父子世帯

(提出書類:①,必要に応じて④)

カ.交通遺児世帯

両親またはどちらか一方を交通事故により失った18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童を扶養している世帯

(提出書類:①,必要に応じて④)

※重複する場合は,いずれか1つの配分となります。

※生活保護世帯,施設入所,6ヶ月以上の入院中の方は対象外となります。

 

≪ 申請に必要な提出書類 ≫

上記世帯条件の欄に記載してある書類を用意してください。

①歳末たすけあい援護金配分申請書*窓口またはこちらからダウンロードにて入手してください。

②介護保険証の写し ③障害者手帳の写し 

④通帳(支店名,口座番号,口座名義記載部分)の写し(振込みを希望する場合。振込手数料は差し引かれます)

 

≪ 申請方法 ≫

令和2年10月1日(木)~10月30日(金)(8:30~17:15,土日祝日を除く)に社会福祉協議会へ必要書類を提出してください(期日厳守)。

 

≪ その他 ≫

援護金の金額は,今年度募集する「歳末たすけあい募金」の実績額により決定します(毎年同じ援護金額とは限りません)。

配分額目安:1世帯あたり10,000円,世帯員が1名増すごとに2,000円加算(例:世帯人員が3名なら14,000円)

援護金は,令和2年12月中に原則,民生委員より手渡しにて配分します。振込を希望する場合,振込手数料は差し引かれます。