小美玉市生活支援体制整備事業(いい輪ネット)

住民主体の支え合い活動を生活支援コーディネーターが推進いたします!!

 

介護保険制度改正によって、介護予防給付の一部である介護予防訪問介護及び通所介護は、「介護予防・日常生活支援総合事業」へと移行されることとなり、地域組織やボランティア、老人クラブ、社会福祉法人や企業など地域の多様な主体が連携しながら、高齢者の生活支援をしていくこととなりました。

 小美玉市社会福祉協議会では、市から委託を受けて、地域住民が主体となった生活支援・介護予防サービスの充実が図れるように、地域の互助を高め、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを進めます。

 

「生活支援コーディネーター」は地域の宝探しをします!

 

【コーディネーターの業務】

調査・説明・提案        

・社会資源の把握(サービス情報の整理)

・生活ニーズの把握・共有       

(聞き取りアンケート調査など)

・担い手の発掘

(住民座談会など)

 

協議体の運営(多様な主体)        

民生委員       住民代表

 地域包括支援センター ボランティア

 老人クラブ      社会福祉法人

 NPO        民間企業

 

「生活支援コーディネーター」及び「協議体」は,地域におけるサービス提供体制の整備に向けた取組みを推進するため,以下のとおり活動区域を設定しています。

 ・第1層 市全域

 ・第2層 市の日常生活圏域(小川圏域・美野里圏域・玉里圏域)