善意銀行

 本会では、市民の皆さんの温かい善意の寄付金や物品をお預かりして、市内の福祉施設・団体や支援を必要とする人などへ 「善意の橋渡し」を行っています。
寄付金品は、皆さまからのお気持ちに沿って、活用させていただいております。

■善意銀行への預託(寄付)金は税法上の特典があります

 善意銀行への預託(寄付)金は、その寄付金額によって法人税または所得税、 あるいは住民税において、税法上の優遇措置を受けることができます。

<使用済み切手について>

切手写真対象になる切手

全ての種類の切手が対象です。
通常の63円・84円切手から珍しい外国切手まで、幅広く受け付けています。

基本の切り取りかた

切手写真◆ 封筒から切手をはがさないでください。
◆ 切手から1㎝くらいのところでカットします。
(切手の4辺に沿ってハサミを4回動かします。)
◆ 目打ち(ギザギザ)を切らないようにご注意ください。
(目打ちが 1つでも欠けると価値がゼロになります。)

切手写真まとめて貼ってある場合

◆ まとめて切ります。

(1枚ずつ切り離す必要はありません。)

 

 

 

 

 

<ペットボトルキャップについて>

キャップ写真 キャップによく飲料メーカーのキャンペーンのシールや値札シールがついているかと思います。
 エコキャップ運動は、プラスチック素材であるPP(ポリプロピレン)を集めてリサイクルしていますが、このシールがリサイクルの過程で作業の妨げになってしまいます。
 細かい作業で大変かと思いますが、スムーズなリサイクル、素材化のためにもキャップについているシールをはがして回収するようにお願いいたします。